絶望

どんなに頑張っても、必死になって努力しても

得られる結果は悲惨なもの……

大切な人の笑顔が見たくて、

大切な人が喜ぶ姿が見たくて、

すべての贅沢を投げうって、最大限の力を振り絞っても、僕にできるものはほんの些細なことだけだった

……もう生活もままならなくなって、居場所さえもなくなる

一歩前に進み出ればそこは切り立った岩の壁

一歩後ろに下がれば、そこは押し寄せる波に削られていく断崖絶壁

もう前には進めない

でもいずれはこの場所も波に削り取られて、僕はこの小さな足場さえも失う

……何のために生きてきたのだろう。

ただ生活できるだけで良かった。

大切な人に何かしてあげたかった。

でも、僕の存在は、この社会には必要のないものだった。

僕のわずかな稼ぎは、社会という名の暴君にむしり取られて、生きる術さえ失われていく。

一生懸命頑張っているんだ。

精一杯戦っているんだ。

でも、それだけでは生きる価値は無いと言われた気がした。

……十年前に買った服。今もそれを身につけている。

底の取れた靴。接着剤で何とかごまかして履き続けている。

でもダメなんだ。

それでも生きていくことができないみたいだ。

明日は何を我慢すればいいのだろう……。

もう僕には何も無いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はフランケン

僕が拳を振るうと、その場の誰もが悲鳴を上げる。

僕が声を張り上げると、その場の誰もが体を震わせる。

僕はフランケン。

凶暴な化け物。

……でも、何もしらない。

何も知らされない。

僕はフランケン。

孤独な化け物。

おびえることしかできない化け物。

……攻撃することで、自分を保つおろかな化け物。

だから、安らぎは永遠に来ない。

僕はフランケン。

生まれた時に、すでに生きる資格を奪われていた生き物。

……どこにも居場所はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊すこと……

積み上げた積木が音を立てて崩れ落ちるように、僕の思考が壊れ始める……

いつからだろう?

どこからだろう?

ひとつづつ積み上げていたはずの僕の過去は、今……無意味なものになった。

たったひとことで、すべてが崩れて消えた。


壊れる瞬間が、一番キレイだという人がいる。

儚い美しさだからこそ、価値があるのだという人がいる。

僕の積み上げてきたものは、キレイだったのだろうか……

壊れる瞬間は、眩しい光を放っていたのだろうか……


でも僕を壊したその一言は、とても汚れたものだった。

いつからだろう?

どこからだろう?

僕はどこで間違ったのだろうか?

壊れた僕は、もう元には戻らない。

……そして眩いはずの光を求めて何かを壊し始める。

そこに追い求めるものがあると信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏小説

ふとしたことで崩れる僕の心

人に認められることでしか自分の存在を確認できない僕は、
小さな否定を見つけただけで、いとも簡単に壊れていく

いくら自分を立て直そうとしても

いくら紙に感情をぶつけたとしても

早くなる鼓動は、僕の嘘を許してはくれない。

それでも僕は否定されるのが怖くて、紙に自分の感情を綴る。
すこしでも安定しようと、言葉を吐き出し続ける。

そうして白い紙が積み上がっていく

どこまでも高く……高く……

その中で僕は、何人も傷つけ

何人も裏切り

何人も殺した……

だから、僕の居場所なんてどこにもないんだ。

白い大地の神様である僕は

今日も誰かに認められたくて、媚を売る。

誰かに褒めて欲しくて、笑顔を作る。

でも僕は、心の歪んだ神様。

この白い大地の上にしか自分の場所を見つけられない。

……だから

この物語は誰にも見せられない、僕だけのもの。

| | コメント (1) | トラックバック (0)