« 僕はフランケン | トップページ

絶望

どんなに頑張っても、必死になって努力しても

得られる結果は悲惨なもの……

大切な人の笑顔が見たくて、

大切な人が喜ぶ姿が見たくて、

すべての贅沢を投げうって、最大限の力を振り絞っても、僕にできるものはほんの些細なことだけだった

……もう生活もままならなくなって、居場所さえもなくなる

一歩前に進み出ればそこは切り立った岩の壁

一歩後ろに下がれば、そこは押し寄せる波に削られていく断崖絶壁

もう前には進めない

でもいずれはこの場所も波に削り取られて、僕はこの小さな足場さえも失う

……何のために生きてきたのだろう。

ただ生活できるだけで良かった。

大切な人に何かしてあげたかった。

でも、僕の存在は、この社会には必要のないものだった。

僕のわずかな稼ぎは、社会という名の暴君にむしり取られて、生きる術さえ失われていく。

一生懸命頑張っているんだ。

精一杯戦っているんだ。

でも、それだけでは生きる価値は無いと言われた気がした。

……十年前に買った服。今もそれを身につけている。

底の取れた靴。接着剤で何とかごまかして履き続けている。

でもダメなんだ。

それでも生きていくことができないみたいだ。

明日は何を我慢すればいいのだろう……。

もう僕には何も無いのに。

|

« 僕はフランケン | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207306/45883688

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望:

« 僕はフランケン | トップページ